失敗談

バストアップサプリの病気のリスク

飲むだけで胸を大きくすることが出来ると人気の、バストアップサプリ。
ネット通販でも数多く販売されているため、既に飲んでいるという方も少なくは無いかと思いますが…
バストアップサプリには、病気を発症するリスクがあることをご存知でしょうか?
バストアップサプリを飲むと、このような危険がありますのでご注意ください!

●バストアップサプリには発がん性がある?!
バストアップサプリメントには、バストアップに効果的の”エストロゲン増強系“の成分が多く含まれています。
体内のエストロゲンの量を大幅に増やすことで、バストを手っ取り早く大きくする効果があるのです。
ですが、このエストロゲンは体内で増えすぎてバランスが悪くなると、発がん性物質になってしまう可能性が高いのです!
女性の場合、乳がんや子宮ガン、卵巣がんなどを発症するリスクがグンと上がってしまい、大変危険です。
バストアップサプリを過剰摂取している方は、充分に気をつけましょう。

●バストアップにはバランスが大切
バストアップするためには、体内のエストロゲンを増やすことが確かに大切ではありますが、発がんリスクを低下させるためには、エストロゲンだけを増やしてはいけません。
健康的にバストアップするためには…
エストロゲンと一緒に、プロゲステロンという女性ホルモンを摂取しバストアップしやすい体質になるように、新陳代謝を良くすることがカギと言えるでしょう。
特にオススメなのが、イソフラボンの摂取です。
豆腐などの大豆製品に多く含まれているイソフラボンですが、このイソフラボンは、体内に入ることでエストロゲンと同じ働きをする効果が得られます。

また、イソフラボンには抗ガン作用がありますので、過剰摂取で発がん性リスクが高まることもありません。
バストアップをするためには、非常に適している成分と言えるでしょう。
ヨガを行ったり、毎日適度な運動をすることも、新陳代謝アップに繋がり、バストアップには欠かせません。
マッサージもバストアップ効果ありですよ。